<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 30日

マナイ保健局

ゆきがふって重そうな木。
けどなんかええんよなぁ。
b0197347_20175469.jpg


ついてきぃやの4年生。
雪道なれてまーすのさすがモンゴル子ども。
b0197347_20202468.jpg

[PR]

by kanlan-cap | 2011-09-30 20:21 | ボルガンライン
2011年 09月 29日

どかん

どかんって音がして
完全に冬が来た。
と日本人は思う。
モンゴル人からしたら
秋によく雪がふった、て感じらしい。

どかん。
首都から帰ってきた日、
うわー雪ちらついてるやんって思って
夕方には。
b0197347_22575411.jpg

活動後、写真をとりにでかけて5分後戻ってきたら
こんなー。
湿気をたくさん含んでて牡丹雪みたい。
b0197347_2259465.jpg


重そうに軽やかな木。
b0197347_22594422.jpg

2011年9月27日@ボルガン
[PR]

by kanlan-cap | 2011-09-29 23:00 | ボルガンライン
2011年 09月 17日

初雪

9月8日。エルでボルガン間のみちにて。
初雪。
どんどん溶けて雲になるーの一歩手前で雪観測。
b0197347_14403262.jpg


b0197347_14411437.jpg


b0197347_14421122.jpg

 
靄のようにとけて、どんどん高く上がっていく。
ボルガンに着くころには、すっかり草原に雪はなくなっていました。

まだ積もってはないけれど、9月15日にも雪がちらついていた。
やばい冬がきた!!
[PR]

by kanlan-cap | 2011-09-17 14:43 | ボルガンライン
2011年 09月 16日

散髪

モンゴルでは
男の子は3歳か5歳、
女の子は2歳か4歳で髪をきる。
それまではのばして、切ることはない。
初めて散髪をするときは
親戚や知り合いがたくさん訪れ、散髪「式」を行う。
子どもの健康を祈ってされる行事だそう。

たとえば男の子。切る前。
b0197347_024478.jpg

たとえば女の子。切った後。
b0197347_043074.jpg


仏教的に?日が良い日にされるそうな。
知り合いのおうちが「散髪」式をするとのことで
おじゃましてきました。

ハタグといわれる布をまいたはさみをつかって
来客はすこしずつその子の髪をきる。
陽が沈む前に行うそうな。
b0197347_05618.jpg

すこしずつ、客人がきるので
最終はバリカンでそろえるそうです。
b0197347_053432.jpg

ありがたくさせてもらいました!

わたしたちが行った時には
子どもちゃんは遊び疲れ、ナーム オンタジ バイサン。(ぐっすり寝てた)
起こして「散髪」式をするかと案もでたものの、寝かせたまますることに。
目覚めている時に、何人ものひとに散髪されていたけど
ひたすら「ボリョーーーチーー」やめてーーーやーーーっていうてたそうな。

うちがいったおうちでは
切った髪はお母さんが袋の中にあつめてました。
髪をすこしきったあと、「元気な子になりますように」とささやく人も。
そして子どもちゃんに、おもちゃやお金をわたします。
寝てもうてるので、子どもちゃんに積むように。
b0197347_064695.jpg


初めに鋏を入れるのは父親や僧。
悔しくも、切り始めには入れなかったけれど
近くの寺から僧を呼んだと聞いた。

首都でも地方でも
短い髪の毛の子どもたちが、長く結った髪を揺らしてる子どもたちあふれてる。
今でもしっかり残っている行事。
興味深い。

散髪をする前にたくさんの料理やお酒が振舞われ
ここはモンゴルや。って改めて思った。肉もたっぷり。
b0197347_072645.jpg

もちろん飲んでるのはアイラグ(馬乳酒)☆
[PR]

by kanlan-cap | 2011-09-16 00:09 | ボルガンライン
2011年 09月 06日

テンゲル

果てしなく、奥行きのあるそら。
あたまの上を円をかくように広がるそら。
自分の足元にある地面より上はすべてそら。

包まれてるようにも感じるけど
これだけ大きいと雄大さから
親近感というよりは畏れ多い。
モンゴル語のそらは тэнгэр:テンゲル
神という意味もあるそうな。

b0197347_2312573.jpg


b0197347_2331294.jpg


b0197347_234319.jpg

3枚とも同じ日。ヘンティアイマグにて。
[PR]

by kanlan-cap | 2011-09-06 02:36 | モンゴルライン
2011年 09月 03日

アイラグ

毎日ボルガンでは乳製品祭りです。
アイラグ:馬乳酒は主役級。

b0197347_23595387.jpg

そこのかめに入ってるのアイラグです。
お店で人こそ入りそうな甕のなかにたっぷり。
遊牧民のおうちでも甕にたっぷり。
b0197347_01923.jpg


リットル単位かコップ単位で購入可!
いまはリットルあたり1300トゥグルグ(日本円で100円くらい?)
夏は一番安いとこで1000トゥグやったなぁ。
たいがい常温保存、甕もあきっぱ。

馬の乳に馬乳酒の種(馬乳酒らしい?)をいれて
ひたすら混ぜる。1000回とか2000回・・・らしい。
b0197347_08192.jpg

b0197347_084051.jpg

b0197347_085985.jpg

混ぜて混ぜて、量があるだけにけっこう重い。
一晩明けたら、馬乳酒のできあがり、だそうな。

馬乳がとれる夏から秋までの馬乳酒祭り。
けれど飲むのは、それこそ一年中。
夏は活動先やお宅訪問でかなりの頻度で姿を現し
それ以外の季節のお祭りやお祝いごとの席では存在をアピールする。
凍らしておけば、旧正月までもっちゃいます。
旧正月もボルガンはアイラグ祭りの再開催でした。
b0197347_0272893.jpg

アイラグ追加します~
b0197347_0275560.jpg


味はすっぱいカルピス・・・甘くないです。
すっぱいカルピス。
そうしたらカルピスちゃうか。

甘さを求めたら飲めないけど、こういうもんかと思って飲んでたら
こういうもんなんやなと飲むようになった。
去年初めて飲んだ時には、
この飲み物きびしい・・・とおもわず口に出てもたのに
最近はおいしいと思うようになって、買っちゃいますもの。
慣れるもんなんやなぁと。

アイラグは発酵飲料。

発酵が進めば、味が変わるのです。
秋のアイラグは発酵が進んでいて
夏のさらっとしたアイラグに比べてとろっとしていて
酔いやすい。アルコール度数もあがるよう。
モンゴル人も「秋のアイラグは酔うで、やし飲みー」っていう。
夏のアイラグも振ると発酵が進みます。

長距離移動、例えばボルガンからウランバートルへ移動するときは
アイラグの中にマッチ棒を入れます。
そしたら発酵が進みすぎず、おいしいのだそうな。。。
前は2リットルに4本、ボンって入れてた。

モンゴル人、特にボルガンの人はかもしれないけど
アイラグがだいすき。
b0197347_048351.jpg

声をそろえて
アイラグはからだにいいのよ!!(すごいでしょ~というニュアンスでたいだいドヤ顔つき!)と。

アイラグ飲んで、おいしいわ~とこちらが話すと
「せやろー、体(の内側を)をきれいにしてくれるのよ!(えっへん)
もっと飲みなさい!」

前飲んだアイラグで、おなか壊してん~って話すと
「そうなん、
でもなアイラグ飲んでおなか壊すってことは、
体の中をリセットするってことで体にええねんで(えっへん)!
もう大丈夫やろ?おなか。もっと飲み!」という会話を何回かしたことがある。

アイラグを飲んだ後
おなかを壊すかどうかは
うちにとってはその時のアイラグ次第。相性?なんなんやろう。
今年は1回こわしたけどそれ以外は大丈夫。
でも、ゆるくなります。おなかいたくはないんやけども。

アイラグ飲んだらわりとすぐに
おなかがぐるぐると音を出す。
発酵してますーって感じになります。
ほんまに乳酸菌がうごいとるってこういうことかと思うのです。

b0197347_048542.jpg

今日もちょっと飲もうかしら。
アイラグ。
ここでしか飲めない飲み物やろうな。
モンゴル人といっしょに
ここでアイラグ一生分飲んどこうー
[PR]

by kanlan-cap | 2011-09-03 00:39 | ボルガンライン
2011年 09月 02日

10

モンゴルでの活動あと10カ月を切った。
まわりの人と話せば、
みんな考えているんやなと
ちょっと焦る。

なかだるんどる時間はないな。
やれることを進めていって
モンゴル人とやりたいなぁというてることを
まずやる段階に持ってこう。
辛抱強く、勢い持って。
b0197347_23571277.jpg


繰り返し手洗いしております。
定着・習慣。
なかなか簡単にはいきません~
ふおー
[PR]

by kanlan-cap | 2011-09-02 23:58 | ボルガンライン