甘藍ライン

kanlancap.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 15日

任地さいごの夜

モンゴル生活も確実に終わりに向かっています。
正直、2年間おわるときが
来るんやろうかと思う時もあったけど
来るものです。

先週任地から引きあげて
首都であるウランバートルに来ました。
連絡所で同期で生活しています。

任地をでる前の一週間はまぁばたばたで
直接挨拶していきたい人がたくさんいるし、
最後の最後まで活動があったり、
荷物は整理しないといけないし、と
めまぐるしいものでした。
いつものごとく、
予定をいれていれて、
自分で自分の首をしめていました。
けど、会いたい人にも会えて
直接言いたかったことも言えて、
すっきりした(完全に自己満足)の気持ちでウランバートルに来れた。

任地最後の夜は
避暑地のホテルでもあるモンゴルゲルに。
配属先の方々とみんなでいきました。

b0197347_8311086.jpg


ゲルのなかの白熱灯が
黄色くてまるみのある灯りで
黄金色のような印象の空間やった。
1つのゲルに20人以上はいって
円く隣り合わせに座っている配属先の人たちをみていると
ここで2年間この人たちと生活してきたんやなと
なんだかしみじみしてしまった。
自分がもっている任地への印象と
ぴったりとマッチする情景。
忘れられないし、忘れたくないなー。


首都での生活。
最後まで気を引き締めていきます。
[PR]

by kanlan-cap | 2012-06-15 08:31 | ボルガンライン


<< UBにて      トランク >>