甘藍ライン

kanlancap.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 07日

旧正月*覚書

ツァガーンサルが明けて
3月になって、3月も中盤。
恐ろしく早い。

旧正月について
聞いた話。見たこと。食べたもの。
とにかく覚書。
どんどん追加予定。

・ビトゥーン:大晦日。太陽が沈んでから準備し始める。
 夜中に訪問者あり。ボーズとアリヒをふるまう。
・旧正月のもてなしのご飯は、ボーズ。大体蒸し時間は25分。
b0197347_1153867.jpg

 家庭によっては1000こを超えるボーズを用意する。
・テーブルにならぶもの。
b0197347_114799.jpg

 羊のゆでた肉。5時間以上煮る。お尻の部分はオーツという。
 ヘビィンボーウォを重ねておく。3・5・7段と奇数に重ねられ、乳製品を置く。
 真ん中に重ねられているのは、シャルトス(ハイルマグと言うレアチーズみたいな乳製品)。 
・羊の肉の上にはナイフが置かれる。お尻に向かって柄が向くように置く。
・ヘビィンボーウォの上に置かれるものは、家庭によって異なり、乳製品以外にもアメが置かれることも。
b0197347_1123472.jpg


・飲み物はいくつもの種類がある。
 ①アイラグ:馬乳酒。
b0197347_1151354.jpg

ボルガンではどのおうちでも用意される。サイハンソムのアイラグが有名。
 ②ツァイ:塩入りミルクティー。朝、このツァイをつくることから、家の仕事が始まる。
 ③アリヒ:40度近いウォッカのようなお酒。透明でアルコール臭ただよう。
  おちょこのような小さいグラスで3回飲む。2回は食事の前に、1回は食事のあとに。
  アリヒを飲みながら、食べることで、消化がいいという。
 ④ピヤオ:果実で作った果実酒。自宅で作り、それぞれに味が違って、本当においしい。
  果実と砂糖と水を入れて、暖かい場所で1週間ほど保存。発酵してくる。
 たいがいは家主か女性が注いでくれる。
 おわんなら、両手。おちょこのようなグラスであれば、左手は右ひじに添えて右手で受け取る。

・年配者の家に、若い人たちが訪問する。

・新年のあいさつはアマルバエノーといい、メンデー、アマルサエノー?等のやりとり。
 年配者は座り、若い人はたつ。
  手を上向きに肩幅くらいにひらいてかまえ、年配者が上、若い人が下に組む。
 年配者はそのまま若者の顔に手を添え、軽くキスをする。
 年功序列がはっきりしている。お金を添えることもある。
 
・ハタグ:青い布。祝いの時に登場する。
 3つ折りにして使うが、輪になっていないほうを相手に向ける。「幸せがはいってくるように」との意味がある。

・ビレグ:おみやげ
 訪問者へプレゼントをする。家主から贈られる。
 子どもちゃんがいると子どもちゃんが渡してくれることもあった。
b0197347_1205655.jpg

 お金をビレグでいただくこともあれば、
 シャンプー・靴下・携帯のプリペイドカード・お菓子
 乳製品・ヘビィンボーウォ・捕れたての魚・
 自家製ピヤオ・カップ・ハタグ・・といろいろである。

・デールを着てあいさつ回り。
b0197347_119455.jpg

[PR]

by kanlan-cap | 2012-03-07 01:23 | ボルガンライン


<< 3月8日は女性の日      マナイハン >>