甘藍ライン

kanlancap.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 31日

赤ちゃん来蒙

こんなかわいいコたちが、
はるばる海をわたって、ゴビ砂漠を飛んで、ウランバートルの人ごみに負けず
ボルガンまできてくれた。

5人の男の子。
b0197347_23192430.jpg


10月から配属先と病院、
プロジェクト(草の根技術協力で国際看護協会母子保健の向上で活動されています)とで
妊婦さんとお父さんになる方の健康教室(以後プレママパパ教室)をしていくことになり
テーマや媒体準備、広報(これ、今後も工夫必要!)どうすすめていくかを
モンゴルの病院スタッフやプロジェクトスタッフと一緒に相談していました。

7-10カ月の妊婦さんた対象の回の話をする中で
うまれてくる赤ちゃんのことをよりリアルに考えてもらう
おなかの中にいるあかちゃんに親近感をもってもらう
沐浴や育児の中で、出産後の生活をイメージしてほしい
そして、こんなかわいいコが産まれてくるのね!と楽しみにしてほしいってことで

日本の保健センターや学校には、
必ずと言っていいほどいる、赤ちゃん人形がどうにか教室で使えないか・・・・と模索。

ネットでみてびっくり、とっても高い!そして中古品ってない・・・・
モンゴルでもスタッフにきいてみてもらったけど、
お風呂にいれれるような、大泉門(おでこの上あたり)がやわらかいようなモデルはみつからず。。

プロジェクトの日本人スタッフさんと
眠っている赤ちゃん人形がないかしらと知り合いにあたってみようということに。
もし、みつからなければ
モンゴルの病院スタッフと話して、より本物に近い赤ちゃん人形をザハ(市場)でさがしてこようとなった。

同期や知り合い、親戚や家族つながりにも聞いてもらった。
当たり前にそんな簡単にみつからない!!

モンゴル人と組んで伝える「運動」のコマの件と
赤ちゃん人形の件を恩師に相談。



数日ごに「譲れる赤ちゃん人形があります」とメールをいただく!!
えーーーーーーーーーーーーーっとメール見て小躍り、いや大踊り。
いえーーていうてた。
学校で眠っている赤ちゃんをしかも先生が費用までだして
送ってくださるとのこと。
ありがたすぎる。
ありがたすぎて、
プレママパパ教室めっちゃがんばろうって改めて気合いが入る。
モンゴル人といっしょにね。

そして贈呈式。

病院長や看護師長、小児科医、助産師、配属の保健局職員等
プレママパパ教室に一緒にかかわってく人の前で贈呈ができてよかった。
b0197347_23224352.jpg

妊婦教室の状況、プロジェクトについて説明しているプロジェクトスタッフさん。

うちからも以下についてお願いを。
ボルガンの健康の向上を願って
先生が好意でおくってくれている。
大事につかってほしいけれど、飾りものではない!
健康教室の媒体としてガンガンつかって
このコ達に活躍してもらいましょう。
はだかなので
おうちに眠っている赤ちゃんの服を着せて
モンゴルの子としてかわいがってください。


みんな服をもってくるわーとお願いは快諾してくれ
その場で5人の名前を考える先生が現れたり、
抱こうとする人がたくさんでたりと和やかな雰囲気でした。
抱くときに誰一人物を扱うように乱暴につかうのではなく
首と腰のところに手をいれて
赤ちゃんを抱くように大事に抱き上げてくれてるのが印象的やった。
b0197347_2325966.jpg


このコ達の本格的な活躍は11月の教室からですが
10月末にあった教室でも登場すると人気!
お父さんが抱っこしてお母さんと話していたりと
みんな興味をもってくれています。

一時の興味に終わらないように
そしてこの教室がつづいていくように
たのしい教室であるように
サナー(アイデア)を一生懸命絞っていこうと思いますー。

また先生からは運動についてもがっつりアドバイスをいただき
モンゴル人ともそのテーマについても教室のぎりぎりにはなったものの
打ち合わせができて当日もなんとかやりきれました。ほ。
次は1ヶ月半後なのでもうちょい内容を増やします。
b0197347_23332391.jpg



1クール2週間おきの全3回。まだ2回までしか済んでなくて1クールも終わってないけど
モンゴル人の突然の仕事でもやりきる感じには回を増すごとに
驚かされています。

1回目を2回したのでのべ3回で、目に見えて変わったことがひとつ。
メンバーは固定しているところはあるけれど
教室終わってから、振り返りの時間を自然ととるようになってるー!すげー
初回はとりあえず済んでよかったー!間にあったーゴイ(すごいー)みたいに
一発勝負でうちあがった感じやったけど
先週あった回が終わったときは、なんも言わんでも輪になって
「こないするともっとええね」とか「次こないしてみよう」とか出たんです。
もう、大興奮!
突然につよいモンゴル人が反省とか準備とかしたら、無敵ちゃう?的な。
無敵なところ、こちらも勉強させてもらいまーす!

次は赤ちゃんたちに大活躍してもらう3回目
来週やけど媒体の準備はまだまだ終わる気配はありません。
はなして、どんなテーマがどんな内容がモンゴルに必要かを定めて
協力してこうとおもいまーす。
プレママパパ教室はまた改めてかくでしょう。

妊婦さんやこどもちゃんがいるお母様方、保健師助産師看護師のみなさま
こどもちゃんがほしいなとおもってるみなさま、
印象に残った教室やったり、こんな教室やったら楽しいななど
おもろい進め方や広報のやり方等アドバイスいただけるとありがたいです。


そして改めて先生方、ほんとうにありがとうございます。
1年の粟国島実習からはじまり
3年の在宅看護にうちなーぐち入門に地域看護教室
4年の石垣実習に保健学科やないような卒業研究、ドラゴンフルーツ・・・
京都での先輩を紹介してもらったのも先生でした!
在学中からおせわになりっぱなしですね。。
卒業してからも
連絡をとらせてもらって
厳しく温かいご指導いつもありがとうございます。
年に数回いってた沖縄で会えるのがいつも楽しみでした~
帰ったらすぐ会いに行きますので^^

先生方の気持ちのこもった赤ちゃんたちと
楽しんで活動させていただきます。
本当にありがとうございました!
b0197347_2348135.jpg

[PR]

by kanlan-cap | 2011-10-31 23:48 | PHNライン


<< 蒙国沖縄      ホリム*結婚式 >>