甘藍ライン

kanlancap.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 01日

ソウイラクチ ナリーン テムツェーン

ソウイラクチ ナリーン テムツェーンは
看護師たちの大会です。
以前にソム(村)にいったと書きましたが、このためです。

任地のボルガン県には16のソムがあります。
いずれも車が交通手段。
どの村に行くにも途中から
アスファルトでなく土がむき出しの道で向かいます。
b0197347_19213156.jpg

ヒャルガナトソム入口

ヒャルガナトソムに8ソム
オルホンソムに8ソムが集まり
ソウイラクチ ナリーン テムツェーン。
選手は各ソムから5名ずつ。
b0197347_1924961.jpg


流れはどちらの大会も同じ。

まず、首都からの看護学校の先生の講義
「コミュニケーションとは」「看護ができること」「日頃からできるケア」
この講義、聞くだけでなく体験型(グループワーク満載)
で参加者もたのしそうやった。
b0197347_19254470.jpg

モンゴルの役者チャミンチョロン氏(有名らしい!)の寸劇。
1時間ほどの一人芝居、身を乗り出し笑い、
チャミンチョロン氏が涙をながすと共に目元を潤ませる。

お昼ごはんをいただき
昼からは先生の講義。
b0197347_19301963.jpg


そのあと、うちも1コマいただき「保健師について」「手洗い指導の方法」について
話させてもらいました。
b0197347_19363999.jpg

モンゴルには保健師という仕事がなく、看護師・医師が近い仕事をしています。
どのあたりが似ていて、どの部分が違うのか、でも健康になってもらいたいってのは一緒やね~、
暮らしをみて、実施可能な継続できるやり方を、その人たちにあったやり方をすることが近道ねと。

そんな流れで
ボルガンソムで子どもたちへの(もち大人にも)手洗い方法を紹介。
一緒に手洗いをしまくりました。

日本で流れてるビオレの「手洗いのうた」をもじって若干モンゴル風に。
お願いしてるこどもちゃんの服をデールに、おおかみ→ひつじ。
つくった媒体やパワポを使って、拙い話やったけどもみなさん聞いてくださり感謝。
ビオレさんに感謝!地方大会版でもうちょい詳しく書きます。
b0197347_19384146.jpg


ここからは研究発表。
ソムごとのカラーがではじめる。
各ソム4分で、ソムで調査した内容について発表。
内容はもちろん、時間も採点対象に。
b0197347_1940065.jpg


研究内容は、こどもの予防接種率の変化や糖尿病についてなどなど
その中でおもろいなと思ったのは
「呼び出し往診」についてのセデウ(テーマ)
そのテーマのソムは集落ごとが遠く、中心地・そこから20キロ・30キロ離れたところと
おおまかに3つに別れている。
移動は車で夏はともかく、冬は雪が多く積もりさらに移動に時間がかかる。
そのタイムロスが大きく、診察時間や緊急時に大きく影響が出ている。
だからこそ、普段からの診察をしっかりして、また住民へどんな時に呼び出し往診が必要なのかを伝え
往診の医師や看護師が着くまでに大切な応急処置やケアの方法を伝える必要があるというもの。
だった・・・とおもう。
そのソムの発表はふだん疑問に思っていることや、解決したいことが含まれてて
とりあえずやる(という気持ちはそりゃあるやろうが)だけではなく、現状を考察しようという気持ちがみえたようでした。

そのあとは
各バグ対抗、実習テスト。※テーマはその場でくじびき
①3人組 例「滅菌手袋の付け方」「手洗いについて」「点滴」・・・
 一人目:テーマについて口頭で説明(1分)
b0197347_19422952.jpg

 二人目:必要物品を準備
b0197347_19434013.jpg

 三人目:準備されたものを使って実習
b0197347_19451122.jpg


②個人戦
 テーマについて説明し、準備・実施まで

③口頭テスト
その場で問題をくじ引いて、その場で答える。
b0197347_1947324.jpg

みんな真剣!!
待ち時間には教科書を読んでるーー
まさに公開テスト。そして講評・結果発表
b0197347_1950131.jpg


看護師の技術についてのテストはここまで。
そのあとは、モンゴルで大人気バレーボール!!
b0197347_1952176.jpg

うちらのチームは負けてしまいましたが大接戦。
表彰式。メダル大好きモンゴル人。
b0197347_19535116.jpg


ヒャルガナトソムは
モンゴルのオリンピック選手が試合前に練習する体育館があったり
バレーボール大会をした軍の施設にはこんなマークも。
b0197347_19563890.jpg

b0197347_2003522.jpg

軍隊の研修生さんたちと、中央がチャミンチョロン氏。
※モンゴルでは18~25歳の男性(一部をのぞく全員)は1年間軍の訓練をうけます。

ボルガンソムでの研修にきている16のソムのドクターやナースたち。
挨拶はしてたりやったけど
また会う場所がちがったりやとふだんとなんか違ってでおもしろい。

ボルガン県バヤンアグトソム。
先輩隊員さんの任地。
いまの保健局で活動していた先輩隊員さんでもあるのです。
こちらが「バヤンアグト!」と思ったのと同時に「ヤポンフン?(日本人)」と声をかけてくださった。

たくさんその先輩隊員さんの話をしてくれて
うちの拙いモンゴル語も根気強く聞いてくれたー。
つながってるんやなと思ってちょっと感激した。
バヤンアグトのみなさま
b0197347_19591359.jpg


優秀な看護師さんにはメダルが。その看護師さんがいるソムはイエーーみたいな具合です。
b0197347_20124651.jpg

b0197347_20132071.jpg

看護師ならではのメダル!

そんなこんなの看護師のテムツェーン。
5月12日の「看護の日」の前の大きなイベントでしたー。
テムツェーン(大会)だいすき、メダルだいすき、モンゴル人。お国柄かなーと思いました。
その翌週、同じような大会が県レベル・国レベルでありましたー。
b0197347_20499.jpg

[PR]

by kanlan-cap | 2011-05-01 20:04 | ボルガンライン


<< はな*цэцэг      そして雪 >>