甘藍ライン

kanlancap.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 06日

エルデネト・ゴロウ

続エルデネト。
大本命の目的、
モンゴル国立大学エルデネット校・日本語週間の交流会に参加のときのこと。
もう1週間も前とおもうと不思議な感じ。
*以下の写真、いただいたものも使わせてもうてます。Баярлалаа!

先輩隊員さんが週に1回?大学での授業にはいってるそうで
数週間前にはボルガン出身の学生さんが
手書き(ひらがな・カタカナ・漢字!!)の招待状を
わざわざ配属先まで持ってきてくれました。

交流会は日本語だけねというルールの下
楽しんできました。

1・3年生の日本語を学んでいる学生さん達とはなしたり
劇やうたをみたり、創作日本料理を食したりする中で
かなり限定されているものやけど
モンゴルから見た日本のイメージもかいま見ることができた。
自分自身のモンゴル語もふりかえりますね~~。
こんなにうち話されへんわ~とかこの言葉しってるんやーとか。

まずは驚きの盆踊り~♪つっきがでったでた~♪のあれです。
聞くとテンションあがっちゃう。
b0197347_22404052.jpg


キロロの歌や日本語での劇「もも太郎」
名役者ぞろいでした。なかでも猿。
猿メイクしてひたすらノミを取り続けるというまさかのなりきり猿。
ふだんの姿にもどったときのかわいさとのギャップにさらにやられた。
b0197347_2311534.jpg


創作日本料理。
b0197347_2247633.jpg

b0197347_22432083.jpg

b0197347_22472616.jpg

まさに牛丼でしたよ。

3バグ(チーム)にわかれていたのでそれぞれにゲームしたり
学生さん達とのおしゃべり。
元気で若くてなんやこの感じ!というパワーがあった気がする。
b0197347_22491345.jpg


b0197347_22495114.jpg

世界に一つだけの花。合唱。
ナンバーワンではなくオンリーワン ゲネ(だそうです)
この曲きくと、勝手に口ずさむから不思議です。
SMAPすき(今もよな?)さきちゃんという友達の影響でしょうか。

日本語週間、交流会きっと準備大変やったんやろな~と。
ぴょいっと来て楽しませてもうて、ええとこどりですみません。
自分が語学勉強しとうからこそ
待ったり、くみとろうとする間がある気がした。
うちこんな根気強くないもの。
学生さん達シグ(のように)日々ぼちぼちがんばっていこうと思いました。

ネグ(1)ホユル(2)ゴロウ(3)はすべて同じ日のできごとでした~濃い。
次の日はみんなでスケートしましたよ。
[PR]

by kanlan-cap | 2011-03-06 23:00 | モンゴルライン


<< 女性の日      モリ オルラダハ >>