甘藍ライン

kanlancap.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 22日

世界が楽しくなるターン

確実に春に向かっているモンゴルです。
いつも着てる、ネヒーのコート暑くなってきました。

このネヒーのコートは
帰国した先輩が後輩隊員にゆずりゆずりで
わたしの手元に来てくれたありがたーいコートなのです。

写真は1月でめっちゃさむかったので、
コートにストール、ぼうし2枚(写真は1枚)、手袋、
中が毛だらけのこれまたネヒーのブーツ(ムートンブーツっぽいの)を外行くときは着てました。
中にはヒートテック上下2枚、ラクダの靴下をはきーの2枚ばき。
外に長いこと出るならカイロ装着。(足重要!)という感じでした。


重いけどものっそいあったかい。ネヒーコート。
長いしであったかいです。
b0197347_22344936.jpg


冬は冬で寒すぎておもろかったり、
きれかったりやったけども

春も近付いているので
目に見えて日も長くなっているので
氷もとけてきているので
それだけで気持ちも若干上向きに!

タイトルの世界が楽しくなるターン

「ほぼ日刊イトイ新聞」での企画なのです。
パパイヤ鈴木さんからターンとダンスならっちゃおうぜ!な。
ターンができたら、楽しいのでは?という
イトイさんの思いつきから。

ターンできたら・・・たのしいやろな~☆
世界が楽しくなるターンのページへいっちゃいましょう。
はい、ポチリ。http://www.1101.com/papaya/2011-02-16.html

この中でターンを習う前の
自分が思うターンってこんなのよっていう
ほぼ日の乗組員(スタッフさんたち)のターン特集の動画があるのです。
みて、驚き、ターンがさまざまなんもそうなんですが

服がかわいい~雰囲気よさげ~服が若干春っぽかったりと
なんだか新鮮にみてしまったー。
そんな自分にびっくりしたのでした。
ダンス中のイトイさんのTシャツもかわいいし~
モンゴルのかわいさと、日本のかわいさってやっぱ違うんよな。
なにがて言われたら、まだ困るんですけども。
どっちもええんですよ。
日本の進行形の、しかも首都の動いている(ターンしてる)ひとたちを
たくさんみたもんですからね。ええ。

こっちでもターン習得したい。
そしたら、いままでなかった速度や重力が加わるかもしれない!
雪原ターン、草原ターン、星空ターン、マル(家畜)ターン、ゲルターン
アイラグターン、ウルムターンで転倒って日もくるかもしれない。
[PR]

by kanlan-cap | 2011-02-22 22:44 | ヤポンライン


<< エルデネト・ネグ      こおり >>