甘藍ライン

kanlancap.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 10日

燃料の木

冷え込んでます。モンゴルー!
建物やお家の中はパールという集団暖房(熱いお湯が)が循環して
ハロゲンヒーター的なあたたかさが保たれています。

ボルガンは
そのパールもすべてのおうちにあるわけではなくて
おうちのなかで、暖炉?というか木を燃やして暖をとってる住民さんがほとんどです。
うちが住んでいるおうちはパールがあるのですが
正直、ゲルや木のおうちの暖炉のほうがあったかい。

暖炉には燃料がもちろん必要。
なので斧を持って燃料である木を
よいサイズにしてるのも見かけます。

木を重ねて、こんな風にまるくして
b0197347_094524.jpg


中には、燃料サイズになった木が
b0197347_010461.jpg

かわいすぎる!

b0197347_065193.jpg

家族病院のスタッフさん。
家族病院はパールもあるけど、寒いしで使うそうな。

マイナスの中、斧をふるう姿、もちろん子どもや女性の場合も。
たくましい。
やらせてもらったけど、まぁむずい。

そんな感じのモンゴル冬。

b0197347_0111671.jpg

これまたかわいい。
ほんまはオダギリ(ODAGIRI)にしたかったんやけど
IがなくってLで代用したらできあがった、奇跡のODAGIRL。
[PR]

by kanlan-cap | 2011-01-10 00:13 | ボルガンライン


<< なんだか、ぽーっとしている      おひるごはん >>