甘藍ライン

kanlancap.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 01日

シベリア鉄道の支鉄

先週のモンゴル国内遠征のとき
初ボゴン(電車)にのりましたー!!
ボゴンは日本では考えられへんくらいゆっくり。
余裕で車に負けてしまいます。
はやさではないような気がする、モンゴルのボゴン。
月がきれいにみえたり、草原がみえたり。

うちの任地から一番近くのエルデネットという第2・3の都市へは
タクシーで40分くらい
エルデで先輩のきっぷの買い方や駅への行き方を教えてもらい
駅へ。

エルでネットからウランバートルへは
バスで6時間
ボゴンでは12時間!!

b0197347_2233211.jpg


夜にでて、朝に着く寝台列車なのです!!!!
にわか鉄子(たまに鉄子になります)テンションあがる。

電車にはいるとき、こんな感じ。
b0197347_2314571.jpg

この女性方が、気持ちいいくらいさっぱり
ベッドカバーやお茶を売ったり、ごみを片付けたりしてくれます。


b0197347_2254244.jpg

入ったらこんな感じ。
3階級あるのだけど、ここは2等寝台。

b0197347_2272335.jpg

4名がけのせき。ソファがベットに。背もたれの上がベットになります。

b0197347_226274.jpg

2名がけのせき。テーブルがくるくるってなってベットになり、ここも2段ベットシグに。

うちは2名がけやってんけども
となりの4名がけのせきが2ブロックおばちゃんたちで計8名
めっちゃ元気でよくしゃべり、よく飲み(ボゴン内では飲んではいけないらしいのだけど)
ひたすら唄い、にぎやかでした。
どこから来たの?からはじまり、おばちゃんのペースに完全に飲まれました。

b0197347_221429100.jpg

その中で、職場でお世話になってる方を知ってる方が!!
なんともつながるなぁと思っておもしろかったー。

おばさま方もよるには唄い疲れ、眠りに。
1000トゥグ(85円くらい)でシーツをかって、うちらも眠りにつきました。
月がみえて、きれいだった。

またボゴンにのるのがたのしみです。

そして、今までシベリア鉄道と思い込んでたこのボゴン。
支鉄でしたー.
びっくり!
b0197347_23135439.gif


やけどもシベリア鉄道の支鉄やし、シベリア鉄道だー!
この電車に乗って、
はやく同期隊員のいるスフバートルやダルハンに行きたいです◎
[PR]

by kanlan-cap | 2010-10-01 23:15 | モンゴルライン


<< 冬支度      ボルガン・ただいま~! >>